かちゃねこの日記

猫たちと過ごす平凡な日常の1コマ

谷内こうたさんの絵本『あおいねこ』と「あかむらさきのぶどう」

2020年8月6日㈭猛暑の一日☀

 

今日、

谷内こうたさんの『あおいねこ』が届きました。

 

私が持っている

谷内さんの絵本は、青い色のものが

多いです。

 

 

f:id:kachaneko:20200806211539j:plain

 

 

『にわかあめ』の表紙も

トレーシングペーパーで覆われていますが、

『あおいねこ』も同様です。

 

 

トレーシングペーパーの透けた感じが

好きです。

 

向こう側が優しく見えている。

包まれている。

手触りも好き。

 

 

f:id:kachaneko:20200806211821j:plain

 

 

 

色使いや筆のタッチが

至ってシンプルに見える谷内さんの絵ですが、

 

 

f:id:kachaneko:20200806211928j:plain

 

 

 

ほとんど模写的に

よく見ると・・・

 

 

画面上の色には微妙なグラデーションがあって、

素晴らしい技巧。

 

 

薄い青に感じる色の明度が、

わずかにほんの少しずつ変化しています。

 

 

境目がまったく分からないくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kachaneko:20200806211953j:plain

 

 

 

憧れます。

 

 

 

そして、

福島の友人からは

ぶどうが届きました!

 

 

f:id:kachaneko:20200806212545j:plain

 

 

 

f:id:kachaneko:20200806212613j:plain

 

 

甘酸っぱくて、

元気がでます。

 

 

こうやって、

遠くにいる人たちから守られているような気がして、

 

穏やかな気持ちの一日でした。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

新しい創作の構想

2020年8月1日㈯

 

今日はこども美術教室をおやすみしました。

6月に一度休講して以来の

臨時休講…

 

 

週末に疲れが溜まってきたので、

無理しない、の判断。

 

 

 

今日も大分県では新型コロナウイルス

感染確認情報が出ていたけど、

誰がウイルスキャリアであってもおかしくないと考えているので、

心身の健康最優先で

無理しないことにしています。

 

 

 

明日は事前に生徒さんから欠席のお知らせを

もらっているので、

すごく久しぶりの土日がお休みです。

 

といっても午前中には大人の体験の方が

1名いらっしゃるから、

土曜日まるっと&日曜午後のオフです。

 

 

 

どこかに出掛けるわけではないから、

自宅で絵を描くだけなのですが、

先々週からずっとデスクワークに神経をとがらせていたので、

脳みそが絵を描くスイッチをなかなか入れてくれない。。。

 

 

とりあえず、

本日、8月1日から絵日記を付けることにしました。

 

 

f:id:kachaneko:20200801203452j:plain

 

 

 

f:id:kachaneko:20200801203521j:plain

 

 

 

 

f:id:kachaneko:20200801203552j:plain

 

 

 

筆ペンは早いな。

早すぎて、難しい。

 

 

もっと時間のかかる画材が好きだな、

とちょっと思う。

 

 

 

谷内こうたさんの絵本を少しだけ

模写してみる。

 

 

 

姫島灯台のスケッチはいまだ遠く。

 

 

 

この夏も、

応募締め切りが9月末の

大分県内の絵画コンクール用の油彩画を描くのだろう。

 

 

 

もっと深いところの

イメージで、

もっとずっと静かな絵の描き方をしたい。

 

 

コンクールは締め切りが目標になって

絵を描かざるを得ない状況に自分をもっていってくれる。

 

 

ただ、

その慌ただしさが

本当は欲しくない。

 

 

ただ、

その慌ただしさが、

今の私にとっての命綱であるのは確かです。

 

 

 

さて、

明日は教室に油彩道具を持ち込んで制作しよう!

 

 

こどもたちのいない土日の美術教室。

 

 

自分の絵のために使ってみようと思います。

 

 新しい創作の構想が膨らみますように。

明日から8月…夏休みはお預け・・・

2020年7月31日㈮

 

昨日、梅雨明けの大分県内。

やっと明けました。

 

 

そして明日から8月です。

 

 

 

昨年までの「7月31日」は、

もちろん学校が夏休みに突入していて、

私がこどもの頃の「7月31日」も、

どんな年も間違いなく夏休みでした・・・が

 

 

今年は、

まだもう1週間授業があります・・・

市町村によって、夏休み期間に多様性がある、

大変ユニークなこの夏です(-_-;)

 

 

 

 

 

そして

夏と言えば、

やはり海水浴。

 

 

 

こどもの頃からさんざん海で泳いできて、

20代の時に生まれてはじめてクラゲに刺されて。

 

それから一度も海水浴には行っていない・・・

もっぱらプール派になりましたが、

 

 

 

記憶の中の一番の「夏」のイメージは

今でもやっぱり海。

 

 

 

国道沿いの歩道の手すりに干されたキャンプ場の敷布、

海辺の売店

火に照らされた熱い砂浜、

キャンプ場から流れてくる夏の音楽、

泳いだ後の午後の深い眠り、

夕暮れ、

ばあちゃんがつくった出しに浸かったそうめん。

 

 

 

こどもの頃の記憶は

美しく思い出すものだなぁ

 

 

 

 

 

 

学校での学期末のデスクワーク💻が続いて、

絵を描く自分の姿がどんどん遠のく気がして、トホホ・・・の週末。

 

ぼわ~っとして今日のコロナ情勢を確認するため、

自宅のパソコンを開いてみたら、

思いもよらない素敵な贈り物が届いていました。

 

 

 

 

 

 

 

嫌いになりそうだった💻も悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなものを好きだと言えるしあわせ。

素敵な出会い。

 

 

どこでどうなってますか(・・?

 

 

 

すべてへ。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々、自分を褒めてみる

2020年7月27日㈪☁☂

 

時は経ち、

最早8月が目前・・・

なのに、学校の夏休みはいまだ来ず。

 

 

 

新しい創作のために、

資料集めやスケッチを繰り返している。

しかしながら遅々として進まず。

 

梅雨は明けず、気も晴れない。

 

 

こんな日々の中、

レーニングのように絵を描き、

使命のように教室を開き、

そこまでしなくとも…と感じつつ連休中にも学校へ行き、

野良猫に挨拶をしてお裾分けをし、

家の猫のトイレの手入れも怠らず、

家猫が欲しがるおやつを買いに行き、

家事を顧みない夫に何も言わず、

実家に様子伺いの電話をかけ、

毎日掃除しなきゃと思っている。

 

 

 

結構、

自分を褒めてあげたい。

いや、褒めなくては!と強く思う。

 

 

 

 

そして、こうやって

文字で打ち出してみると

なかなか充実している毎日ではないか・・・

 

 

 

ただ、

もっと何かできないかと

思っている。

 

 

自分や

他人を勇気づけられる

何か。

 

 

 

f:id:kachaneko:20200727201955j:plain

 

 

 

 

私のつくったもので、

何か変わらないか。

 

 

 

 

 

やはり、

灯台に希望を感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手でつくる仕事について

2020年7月12日㈰☁

 

 

現在、分散受講継続中のこども美術教室です。

 

1回につき生徒さん最大3名+講師2名の少人数で

作品を制作しています。

 

生徒さんはそれぞれ隔週でやってくるので、

毎回久しぶりな感覚です。

 

 

いろいろが無理なく、心配が少ないのが

今は一番なので、

これもいいかもしれません。

 

 

生徒さんひとりひとりの制作の様子を

じっくりみつめることもできます。

 

 

 

私たちのこども美術教室には

現在、年長さん~小学5年生までの生徒さんが

各学年1~2名ずつは在籍しているので、

それぞれの年齢のこどもさんがどのような絵を描くのか、

間近で触れることができます。

 

 

どのお子さんも、

絵を描くことや工作が大好きで、

自分から美術教室に行きたい!といって

通ってこられているようなので、

想像力が豊かだし、

美術制作を自分から楽しんでいることが伝わってきます!

 

 

もちろんアニメやゲーム、YouTubeなども好きみたいですが、

美術表現のおもしろさも満喫できるところがすてきなところ。

 

 

太古のむかしから続く、

手でつくる/描くことの魅力なのでしょうか(・・?

 

毎回、はっとさせられる瞬間があります。

 

 

 

そして、

美術教室という場の意味を深く考える機会となります。

 

 

学校においてもきっと同様なのだと思いますが、

大勢の中の一斉指導の限界を感じることが多いので、

なかなか難しいですが・・・、

 

このアナログすぎる手の仕事の意味や価値を

もっと自覚しなければと考えています。

 

 

 

 

デジタル社会の現代に在って、

本当に呆れてしまうくらい、

手と心と実際の材料とで表現するってことが、

どれくらい希少なことなのか。

 

 

 

これからますます

貴重になってくるのではないかと考えています。

 

 

 

美術表現を生業にするには

困難過ぎる時代ですが、

 

 

希少価値/文化的価値/美的価値/歴史的価値/精神的価値

すべてにおいて価値あることなのだとの、

強い認識をもって

継続していく努力を惜しんではいけないと

言い聞かせている今夜です。

 

 

 

f:id:kachaneko:20200712223610j:plain

 

 

 

とりあえず、

姫島灯台のスケッチに行ってみたいかな・・・

 

 

行動あるのみ。