夏だ・・・映画だ、ねこはバテている

 ここのところ仕事に追われ続けて、帰宅後は映画鑑賞でリフレッシュの日々。1日1~2本ペースで日本映画を観ています。久しぶりにはまった映画が「100円の恋」。すでに5回は観たはず・・・。観る度に発見あり。一番のお気に入りシーンは→主人公の一子が初めての動物園デートの際に、ライオンを見に行くというボクサーの彼にやや置き去りにされる場面。小走りに去っていく(画面をフレームアウトしていく)彼の後ろ姿がなんだか可愛い。この映画の中で引退間近のボクサー役を演じたのが俳優の新井浩文さんですが、これをきっかけに立て続けに新井さん出演作品を鑑賞中です。北野武監督の「アウトレイジ ビヨンド」では鉄砲玉役の死に様が凄まじいですが、死体姿のシーンでも背中が素敵です。声も素敵。

 私も相手にしっかりと伝わる言葉を発したい~仕事のご褒美に好きな映画を観まくっていることにやや罪悪感を感じてもいますが、「芸術鑑賞」の言葉を隠れ蓑にしつつ、やはり明日もまた観ます。今週の土曜日に京都で映画のイベントがあるようですが、実際に俳優さんを目の当たりにしてその雰囲気を感じてみたい、と強く思った。どんな印象だろうか・・・でもちょっと遠いぞ。今回は辿り着けないな。

 かちゃねこさん、明日も暑いですが無事に待っていてね。そしてまた一緒に映画を観ましょうね!